WindowsとMacそれぞれでNode.jsをインストールする方法

WindowsとMac両方の環境で Node.js が使えるようにしてみます。バックエンドだけでなく、フロントエンド にも必須のツールとなってきているので、覚えておくといいと思います。

Node.jsの導入(Windows編)

インストーラーから導入

公式サイト にアクセスし、[Windows Installer] をクリックしてダウンロードします。

インストーラーを起動し、手順に従って進めていきます。基本的には [Next] をクリックしていけば大丈夫です。

最後に [Finish] をクリックして閉じます。

インストールの確認

検索バーに コマンドプロンプト と検索すると出てくるのでクリックして起動します。


node -v
v8.9.3

node -v でバージョンが表示されればインストール完了です。

Node.jsの導入(Mac編)

ターミナルの起動

メニューバーの [検索ボタン] をクリックします。

ターミナルで検索すると出てくるので、 Enter を押すと起動することができます。

Nodebrewのインストール

Nodebrew は、複数のNode.jsのバージョンを切り替えたりできる管理ツールです。


curl -L git.io/nodebrew | perl - setup

このコマンドを入力するとインストールが開始されます。

インストールが終わったら、Finder を開き、[移動][ホーム] をクリックします。

.bashrc ファイルがあると思うので、テキストエディタなどで開きます。もしなければ作成してください。


export PATH=$HOME/.nodebrew/current/bin:$PATH

.bashrc ファイルに上記コマンドをコピペして保存します。


if [ -f ~/.bashrc ] ; then
. ~/.bashrc
fi

たまに、nodeコマンドが認識されないことがあるので、.bash_profile に上記設定を追記しておくといいと思います。


cd ~
source ~/.bashrc

再びターミナルに戻り、上記コマンドを入力します。


nodebrew help

nodebrew 0.9.8

Usage:
    nodebrew help                         Show this message
    nodebrew install <version>            Download and install <version> (compile from source)
    nodebrew install-binary <version>     Download and install <version> (binary file)
    nodebrew uninstall <version>          Uninstall <version>
    nodebrew use <version>                Use <version>
    nodebrew list                         List installed versions
    nodebrew ls                           Alias for `list`
    nodebrew ls-remote                    List remote versions
    nodebrew ls-all                       List remote and installed versions
    nodebrew alias <key> <value>          Set alias
    nodebrew unalias <key>                Remove alias
    nodebrew clean <version> | all        Remove source file
    nodebrew selfupdate                   Update nodebrew
    nodebrew migrate-package <version>    Install global NPM packages contained in <version> to current version
    nodebrew exec <version> -- <command>  Execute <command> using specified <version>

Example:
    # install from binary
    nodebrew install-binary v0.10.22

    # use a specific version number
    nodebrew use v0.10.22

    # io.js
    nodebrew install-binary io@v1.0.0
    nodebrew use io@v1.0.0

nodebrew help と入力してこのように表示されればインストール完了です。

Node.jsのインストール


nodebrew install-binary stable

stable は安定版をインストールする際に使います。他には、latest (最新版)やバージョンを直接指定することもできます。


nodebrew ls
v8.9.3

current: none

nodebrew lsインストールされているバージョン を確認します。この場合は 8.9.3 です。


nodebrew use v8.9.3

そして、v8.9.3のNode.js を使うように指示します。


node -v
v8.9.3

node -v コマンドでバージョンが表示されればNode.jsのインストール完了です。

ここまで、簡単に Nodebrew を使って Node.js のインストールまで行いましたが、Node.jsのバージョンを切り替えたい場合もあると思うので、Githubを見てみるといいと思います。